生活と歯のこと|福岡市中央区の平尾駅近くの歯医者

きらら歯科

  • お電話でのお問い合わせは

    0925226151

  • ネット予約はこちら

生活と歯のこと

お口の健康を維持する為には、歯そのもののケアだけではなく、
日常生活にも気を使う必要があります

食事と歯の関係

単に歯の治療を行うだけではなく、食事や運動、また禁煙などの生活習慣を改めることが重要です。
日常生活の中でまず大事なのはバランスの取れた食事を心がけることです。
歯と食事には大きな関係があり、分かりやすいものとしては、砂糖などの虫歯の原因となる成分です。

3つのポイント

  • ①甘味制限

    白糖、精製糖をなるべく摂らない。
    また、清涼飲料水を控える。

  • ②食事の回数に注意する

    1日3回きちんと規則正しい食事ではなく、間食などでダラダラと食べ続けるといつまでも口腔内が清潔にならず、虫歯や歯周病の原因となります。

  • ③一口30回噛みの推奨
    (ゆっくり食べる、早食いをしない)

    食事中に良く咬む事で、あごの発達や、咬む力を鍛えるだけではなく、唾液を出す働きをするため、消化吸収を助けます。また、満腹感を味わえるので肥満防止に繋がります。

当院では食に関するアドバイスも行っており、定期検診とあわせて食育などのお話もさせて頂きます。

生活習慣と歯の関係

歯は食事だけではなく、生活習慣とも大きく関わっています。歯が悪くなる原因は、偏った食事、不十分な歯磨き、運動不足、不規則な睡眠、精神的なストレスなどがあります。

これらの悪習慣は生活習慣病(高血圧、糖尿病、心疾患など)引き起こし、お口の健康にも悪影響を与えます。即ちむし歯や歯周病を引き起こす原因となります。きらら歯科では、単に歯の治療を行うだけではなく、食事の指導や適度な運動、また禁煙の推奨により生活習慣の改善を進めることが大事だと考えています。